わたしらしく、あなたらしく

すべての人が「らしさ」を発揮して思い通りの人生を歩めるよう、お手伝いしていきます♪

ポジショニングトレーナー養成コース②1回目終了

 


ポジショニングトレーナー養成コース1回目の2日目が終了し、1回目が終わりました!

 


初対面の方たちと、今までの自分のヒストリーをさらけ出し、過去の傷やトラウマをさらけ出し、気がついたときに涙したり、自分で癒し、涙したり、たくさん笑ったり、抱き合ったり。

 

 

 

ほんとうに最初から濃ゆい回だったと思います。

 

f:id:kosumofu-0317:20180614182356j:image

 

ふと、感じたのは、

わたしは人と自分を比べてる、って気がついた。

 


わたしは、他のメンバーと比べて傷が少ない、エピソードが少ない、ネタが少ない。

 


比べなくていい、って頭で分かってるのにね。

(不安・恐れの中にいる人たちは苦しんでるのにね)

 


むしろ、わたしは不安や恐れを感じないようにしているのかもしれない。

今まで、嫌なことがあっても、飲み込んでさらーっと流したり、言いたいことも我慢するクセがついていた。

恐れに目を向けなければ、引っ張られることもない。未来へのワクワク感だけ見て生きればいい。   

 


今日、アファメーションを書いたけど、

一度、不安なことを書き出して疑ってみてもいいかもしれない。

そうしたら、この間みたいな自分のやりたいことを全否定するような存在も現れなくなる。

 


自分が自分を信じ切っていないから、自分の不安を現実化したような存在が現れたんですね。

この間、おばあちゃんにこれからやっていきたいことを話したら

「そんな仕事はもうからん、一部の人だけ。」

「ちゃんとした仕事に就きなさい、立派な資格があるんだから、汗水流して働かないと稼げない。」

「就職しないと年金がもらえない。年取った時に大変だよ。」

ということを言われたんですね。

自分自身を全否定されたような気分になって、「ばあちゃんの人生じゃない!決め付けないで!」って言い返してたんですよね。

今思えば、おばあちゃんの経験からの孫に苦労をして欲しくないための愛情だと分かるんですけどね。

 


やっぱり、心のどこかで、講師業・カウンセラー業って食べていけるかな、稼げるかな、って信じ切っていないところがあった、ということがこと出来事から分かりましたね。

こうなりたい・こうなる、と未来のビジョンを信じ切っているのに、同時に不安があって、しかも不安を見ないようにして、未来だけを信じるようにしてた、という感じかな、わたしの場合は。

 

 

 

不安なことリスト、作ります(笑)

 


人前で話すため、人にいろんなエピソードを話すために、色々な経験を積む。

ワクワクも、不安も、両方経験する。

 


バランス大事。

 

 

 

 


そして、今日、ふわふわと「そうなのかもしれないなぁ~」って思い始めたのが、父との関係。 

 


前回のハグの話でもあるけど、

父の愛情を感じたかった、とか。

父に対して嫌悪感や誕生日を忘れられて嫌だったこととか、あって。

 


わたし、初対面の男の人が苦手なときがあるんですよね。

大丈夫なときもあるけど、女の人とは比較的すぐ仲良くなったり話したりできるのに、男性は少し壁を作ってしまったり、心を開くのに時間がかかったり。

 

 

 

そういうのも、父に対する感情と関係があるのかなー、って。

 

 

 

母には、結婚式のときやふとした時に「産んでくれてありがとう」や「この名前をつけてくれてありがとう」って伝えたことはあったし、中学生の時からシングルで育ててくれたから、すごく感謝の気持ちもあるし、思いが強い。

 


逆に父は?ってなると、「……?」って感じで、むしろ陰性の感情がでてくる。

でも、お母さんと結婚してくれたことで、わたしと妹が生まれた。わたしは、母と妹と出会えた。この世に生まれることができた。

 

 

 

ああ…

 


そう思えば、今これを書いていて泣きそうになってきます。感謝だ。

 

 

 

初めて、父に対して感じたなぁ。

 

 

 

今日、伝えます。

 


どうなるかな~

 

 

 

楽しみ(笑)

 

 

 

乗り換えの時間、飛行機待ちの間、時間あるかな~

 

 

 

また報告しますね!

 


では、鳥取に帰りますーーーー