わたしらしく、あなたらしく

すべての人が「らしさ」を発揮して思い通りの人生を歩めるよう、お手伝いしていきます♪

父へ感謝を伝える②

 

父へ感謝を伝えてみよう、と思った経緯はコチラ

http://dina-0317.hateblo.jp/entry/2018/06/15/003209

 

 

新潟から鳥取へ戻り、鳥取空港に着いてから、ラインで起きてるか確認して、電話をかけました。

 

2年ぶり、どうした?何かあったか?って、やっぱり変に思われてる(笑)

 

「お母さんと結婚してくれてありがとう。うちを生んでくれてありがとう、って思って」と。

 

そう言ってくれてうれしいよ、と。

なにも親らしいことできてないなあ、こんな俺で悪いな、って思っていた。って。

 

「たしかに、お母さんに対しては中学からシングルで育ててくれて大変だっただろうし、早く楽にさせてあげたいとか、思い入れはたくさんあるけど、お父さんとの思い出はあんまりないことに気がついて。

離婚してから、お母さんの愚痴を聞いて肩を持っちゃったり、誕生日忘れられたり、嫌な気持ちを持ってたこともある。

でも、、お母さんと出会って、お母さんと付き合って結婚してくれたからこそ、わたしが生まれて、妹も生んでくれて、妹とも出会えて、生んでくれたから、今たくさんの経験ができて、本当にありがたいと思ってる」

 

と言うと、

 

「そう言ってくれて救われるよ。

離婚したときは、この世の終わりかと思うくらい落ち込んだし、やってきたことが、全否定されたような感じだったけど。

お母さんと結婚したから、愛と(妹)に出会えたし、よかった、と思ってる。

今、育児をしてても、これでいいんかな、とかもっと優しく、とか、こんなお父さんで…とか思うから、そう言ってくれて嬉しいよ」

 

 

こんなお父さんで、こんな俺で、申し訳ない、って言葉が何回か出てきて、

"わたしの自己卑下はお父さんゆずりか?"

って心の中で笑えた(笑)

 

 

「人と比べたって仕方ないでしょ、お父さんはお父さんだし、○○(妹2:たぶん今小学生?)にとってお父さんは一人だけなんだし、こんな俺で申し訳ない、って思いながら子育てしてたら、○○(妹2)ちゃんに失礼だし、申し訳ないでしょ」

 

言っちゃった(笑)

直球!!

 

「そうやなぁ…それは、子どもに申し訳ないなあ」

 

 

「優しく言ってやれば…って、オブラートに包んで伝わるときもあれば伝わらんときもあるし、思ってることはちゃんと言わんと伝わらんよ。後でもっと優しく言ってやればよかった、って思うかもしれんけど、そのときはそのときでこれが良いと思った子育てしないと。

どれが一番いいとかないし、うちらを育ててきて、親らしくできんかった、って思うなら、できんかったことを今やってみたらいいんじゃない」

 

 

 

思ったことを言えました♪

 

すっきり。

 

よかった。

 

前から、こんな俺で…ダメな俺、みたいな発言あって、なんだか年取って弱っちゃったのかなーなんて思ってた。前はなんとも思わなかったけど、今は人と比べてもどうしようもないって分かるから。

 

結婚も、子育ても②回目だから、失敗を繰り返したくない、って言ってたけど、経験を活かすこともできるかもしれないし、でも今回は奥さんでも子どもでも相手が違うから、毎回向き合わないとね。  

 

 

あ、あと、これは言ってないけど、

「親らしく」せんでも、親は親だしね。

「私らしく」でも同じこと。私は私(笑)

 

らしく、って考える方が不自然だよね。

 

 

 

 

ハグのことは、不明のままですが…

 

まあ、大事なこと言えたのでヨシです。

 

 

眠いので寝ます(笑)

 

 

 

 

父へ感謝を伝える①

 

おとといのポジショニングトレーナー養成コース開始から、「なぜハグを求めるのか?」という疑問がくるくるしてまして。

 

旦那に対しては、

「今日も無事に帰ってきてくれた」

「よかった、うれしい」

と存在を確かめたかったんだ、と気がつきました。愛情不足ではなかった。

 

いやあ、いくら相手が疲れててもハグやキスを拒否されたら、愛情が足りない!って勘違いしますよね(笑)

 

でも、何も言わずにやりたいことをさせてくれたり、やりたいことを黙認・応援してくれている旦那さん、ハグは疲れてしてくれなくっても、「愛はそこにある」と気がつきました。

 

ではなぜ、師匠に対して、「旦那の代わり」感を感じていたのか?

旦那よりもぎゅ〜〜〜〜♡っとしてくれるので、心地よいのです♡旦那からの愛情が足りない!と感じていた(勘違いしていた)私は、旦那の代わりに、愛情を埋めている感覚でした。

 

 

ふと思ったのは、親からの愛情不足??

 

お母さん、お父さんは中2のときに離婚し、妹とお母さんと3人で支え合って生活してきたような感覚でした。

当時はなかったけど、「お母さんを楽にさせてあげたい、助けてあげたい」ってずーっと思っていた。だから、正直、親っていうより、共同生活者みたいな。もっと甘えたかった、かな。(甘える、がよく分からんけど。甘えたら愛情感じる?)

 

でも、このハグの話でいくと、異性の親?お父さん??愛情不足??

 

お父さんとの思い出って、ピアノとギターでセッションしたりしか、ないんですよね。

小学5〜6年くらい。中学の時は、吹奏楽の話を少ししたかな。

 

離婚してからは、ごはん食べに行ったりしてたけど、帰りにお小遣いくれるから、行ってた(笑)

離婚すると、お母さんからお父さんの愚痴を聞いたりして、やっぱり先入観?が入る。

お父さん、再婚して子どもが生まれたら、私の誕生日忘れてたり。長女の私より赤ちゃんの三女のがかわいいんだ、とかね。

それで、嫌な気持ち持ってたり。

 

あ、わたし、初対面の男の人苦手なんです。

大丈夫なとき、人あるけど、基本的に心を開きにくかったり、時間かかったり、壁作ってしまったり。

そういうのも、父に関係してるのかな〜〜なんておもって。

 

 

母には、結婚するときに感謝を伝えたり、SNSも見てるから、自分の思いを知ってたりするけど、父は、高校以来話したことがなかったかも。

結婚前に、今の旦那さんを紹介して以来、2年連絡を取ってなかった。

 

もちろん、感謝も伝えたこともなかった。

(仲が悪いわけではないけど)

 

ハグを求めることと何か関係あるかなぁ、と疑問のまま、、

 

気持ちを伝えてみることにしました。

 

 

 

ポジショニングトレーナー養成コース②1回目終了

 


ポジショニングトレーナー養成コース1回目の2日目が終了し、1回目が終わりました!

 


初対面の方たちと、今までの自分のヒストリーをさらけ出し、過去の傷やトラウマをさらけ出し、気がついたときに涙したり、自分で癒し、涙したり、たくさん笑ったり、抱き合ったり。

 

 

 

ほんとうに最初から濃ゆい回だったと思います。

 

f:id:kosumofu-0317:20180614182356j:image

 

ふと、感じたのは、

わたしは人と自分を比べてる、って気がついた。

 


わたしは、他のメンバーと比べて傷が少ない、エピソードが少ない、ネタが少ない。

 


比べなくていい、って頭で分かってるのにね。

(不安・恐れの中にいる人たちは苦しんでるのにね)

 


むしろ、わたしは不安や恐れを感じないようにしているのかもしれない。

今まで、嫌なことがあっても、飲み込んでさらーっと流したり、言いたいことも我慢するクセがついていた。

恐れに目を向けなければ、引っ張られることもない。未来へのワクワク感だけ見て生きればいい。   

 


今日、アファメーションを書いたけど、

一度、不安なことを書き出して疑ってみてもいいかもしれない。

そうしたら、この間みたいな自分のやりたいことを全否定するような存在も現れなくなる。

 


自分が自分を信じ切っていないから、自分の不安を現実化したような存在が現れたんですね。

この間、おばあちゃんにこれからやっていきたいことを話したら

「そんな仕事はもうからん、一部の人だけ。」

「ちゃんとした仕事に就きなさい、立派な資格があるんだから、汗水流して働かないと稼げない。」

「就職しないと年金がもらえない。年取った時に大変だよ。」

ということを言われたんですね。

自分自身を全否定されたような気分になって、「ばあちゃんの人生じゃない!決め付けないで!」って言い返してたんですよね。

今思えば、おばあちゃんの経験からの孫に苦労をして欲しくないための愛情だと分かるんですけどね。

 


やっぱり、心のどこかで、講師業・カウンセラー業って食べていけるかな、稼げるかな、って信じ切っていないところがあった、ということがこと出来事から分かりましたね。

こうなりたい・こうなる、と未来のビジョンを信じ切っているのに、同時に不安があって、しかも不安を見ないようにして、未来だけを信じるようにしてた、という感じかな、わたしの場合は。

 

 

 

不安なことリスト、作ります(笑)

 


人前で話すため、人にいろんなエピソードを話すために、色々な経験を積む。

ワクワクも、不安も、両方経験する。

 


バランス大事。

 

 

 

 


そして、今日、ふわふわと「そうなのかもしれないなぁ~」って思い始めたのが、父との関係。 

 


前回のハグの話でもあるけど、

父の愛情を感じたかった、とか。

父に対して嫌悪感や誕生日を忘れられて嫌だったこととか、あって。

 


わたし、初対面の男の人が苦手なときがあるんですよね。

大丈夫なときもあるけど、女の人とは比較的すぐ仲良くなったり話したりできるのに、男性は少し壁を作ってしまったり、心を開くのに時間がかかったり。

 

 

 

そういうのも、父に対する感情と関係があるのかなー、って。

 

 

 

母には、結婚式のときやふとした時に「産んでくれてありがとう」や「この名前をつけてくれてありがとう」って伝えたことはあったし、中学生の時からシングルで育ててくれたから、すごく感謝の気持ちもあるし、思いが強い。

 


逆に父は?ってなると、「……?」って感じで、むしろ陰性の感情がでてくる。

でも、お母さんと結婚してくれたことで、わたしと妹が生まれた。わたしは、母と妹と出会えた。この世に生まれることができた。

 

 

 

ああ…

 


そう思えば、今これを書いていて泣きそうになってきます。感謝だ。

 

 

 

初めて、父に対して感じたなぁ。

 

 

 

今日、伝えます。

 


どうなるかな~

 

 

 

楽しみ(笑)

 

 

 

乗り換えの時間、飛行機待ちの間、時間あるかな~

 

 

 

また報告しますね!

 


では、鳥取に帰りますーーーー

 

 

 

 

 

 

 

ハグしたい理由(自己整理のために)

 

前回の記事で、

 

旦那とハグしたいのは、相手を感じたい、存在を感じたいからだと気づいたことを書きました。

 

存在を感じる。

ああ、今日もちゃんと帰ってきてくれた。

 

そう認識することで、

疲れているのにハグを求めたり、ハグを拒否られてムッとなったりすることもなくなる。

 

 

ではなぜ、旦那以外の人で埋めようとするのか?

師匠の講座にきて、師匠と会うと必ず、別れ際はハグするんですよね。懇親会の後とか。

強く抱きしめてくれるから、旦那の代わりに埋めていた感覚があったのです。

もちろん、講座や懇親会でタメになる話を今日もありがとう、という気持ちもありますよ(笑)

 

抱きしめて欲しかった。

 

母に。

中学生のときに親が離婚し、母を支えないととか迷惑かけちゃいけないとか、無意識で思っていて。(当時は必死でそんな思ってないけど)

愛情を感じたかった?包まれたかった?

 

でも、こういう場合、同性に投影している場合が多いから…

 

父にも?

父の愛情?

 

うーん、、、って感じ。

中学生の頃、親が離婚してから、父からの愛情は感じたことがなかったかも。お小遣いくれる、くらい。

それ以前は…疑問。一緒にピアノとギターでセッションした思い出くらいかなー。

 

 

謎。

 

 

自己理解の究明は続きます、、、

 

 

 

 

 

 

ポジショニングトレーナーコース①

ポジショニング講座トレーナーコース、1回目の1日目でした。

 

今日は一日自己紹介で終わり。

みんな、自分をさらけ出し、初日から笑いあり、涙あり、、、

 

 

懇親会で、自分のこと、家族のこと、周りのこと、性のこと、男であること、女であること、性行為のこと…いろーんな話をたくさんしました。

講座よりも濃ゆい。

 

f:id:kosumofu-0317:20180613230010j:image


そしてホテルに戻ってテレビをつけると、「ヘウレーカ」で男の話や染色体の話を又吉さんがしてた(笑)

 


リンクしてておもしろいわー。

多様性、いろんな人がいたっていいじゃんね。

 


*

*

*

愛はそこにあった、と再認識した昨日。

(旦那からの愛情が足りない足りない、って思っていたんですけどね)

ハグしたい・キスしたいと思うのは、愛が欲しいからでなくて、「相手を感じたかった」からだなー、って今、書いててわかりました(*´꒳`*)

 

今日も無事にちゃんと帰ってきてくれた、って。ここにいてくれる、存在を感じる。

 


ハグ拒否されたら、そりゃあ寂しいし、「愛が足りない」って勘違いするわな(笑)

 


あー、おもしろい。

 

明日は明日で2日目楽しみなんですけど、

早く帰ってギュッてしたくなりましたね♪

 

 

 

感謝・ありがたいこと

 

ここ数日感じていること。

 

何事も、ありがたい、感謝。

 

先日のポジショニング2day講座で、

「受け取り下手」だと再認識した私。

 

受け取る許可を出す!と決めた。

 

なにを、という訳ではなく、

セッションの金額であったり、

人の親切・気遣いからの「出すよ(おごるよ)」という言葉であったり。

 

そして、ダイエットをしていて、最近意識しているのが、一口一口の感覚を澄まして、よく味わって食べること。

ひとつひとつの食材、生産者、運んだ人、お店で売っている人、作った人に想いを巡らせて、感謝して食べるように意識しています。

 

 

2日前、夫が車を買うと言ってディーラーに行くのに付いていったんですね。

わたし、ディーラーに行くの初めてだったんです。

もう、サービスの良さにびっくりしてしまって。

ドリンクがなくなったら2杯目どうですか、って勧めてくれたり、丁寧に話を聞いてくれたり、一緒に悩んでくれたり。帰るときにも、接客して下さった店員さんだけでなく、店長さんまで見送りに来て、他のスタッフさんみんなが順番にこちらを向いてお辞儀して、挨拶。そして、見えなくなるまで、もう一度頭を下げる。

 

びっくりしちゃいました。

やっぱり、気持ちが良いですよね。

 

そして、昨日今日、感じていたのは、

すべての自分のためにしてくれていることがありがたいなぁ、と。

相手は当たり前のつもりで、普通の親切心で、わざわざ気遣ってとか、そんなんじゃないけど、自分のためを思ってしてくれたこと。

 

当日の朝にやり取りして、ピアスを取りに行き、ヒーリングまでしてくれたお友達。

(これがこの子の普通で、いつも通りなんだけど、ね)

 

当日の朝にメールして、東京で右も左もわからない私のために、お昼からワークショップ、夕食までご一緒してくれた横浜のお友達。

(たぶん、相手は、「空いてるし、ワーク参加OKだし、いいよ!」くらい。)

 

階段でキャリーケースを持ってくれたり、「階段大丈夫?」って気遣ってくれたり。

 

連続講座なのに、いきなりの単発飛び入り参加で私を受け入れてくれた、今日一緒にワークをした3人の方。

 

時間つぶしに入った喫茶店で、声をかけてくれたお店のおばちゃん。「頑張ってお勉強してきてね」って。

 

ホテルのチェックインが予定より遅くなると連絡を入れたときの電話口のホテルのお姉さん。

 

お店で、メニュー見て頼んで、注文した私たちのために料理を作って出してくれたり、お茶を入れてくれたお兄さん。

 

乗り換えが分からなくて、聞くと答えてくれる駅員さん。

 

毎日食べている食べ物。

 

お金を入れたら水が出てくる自販機。

 

新幹線がホームに来て、お客さんが乗る前にテーブルや窓枠、床のゴミを掃除する駅員さん。

 

産んでくれたお母さん。

 

3日も家を空けて、送り出してくれる旦那さん。

 

講座に参加できること。

講座を開いてくれたこと。

 

このタイミング。

 

 

 

なんかもう、書いていたら胸がいっぱいになって来ちゃいました。

 

すべて、私のためにしてくれているように感じて、本当にありがとうという気持ち。

 

うまく伝わるか分からないけれど、


ホテルのお姉さん、

バルのお兄さん、

茶店のおばちゃん、

乗り換え聞いた駅員さん、

清掃する駅員さん、


彼らはいつも通りの接客をしているつもり。

でも、私にとっては、ものすごくありがたく感じた。

だって、接客しているその時間は、私だけのために使ってくれている時間だから。

 

 

「受け取る」と決めて許可を出したら、

そういう現実を作り出し、見せてくれる自分の心。見ようとする心、脳。

すべては、自分のためのギフトなんだと感じました。

 

 

 

 

あっ、

 

すべて、「愛」から来てるんですね♡

 

 

気づけば、そこにあった(笑)

 

わたし、足りないって思ってた(笑)

 

 

 

ポジショニング講座トレーナーコース

 

明日から、

ポジショニング講座トレーナーコースが始まります。

 

1回が2日講座になっていて、

全6回。

 

鳥取から新潟・長岡へ通います。

 

 

遠いな〜〜と思っていたけど、

決めて行動してみると、

意外と近いな、って感覚になったり(笑)

 

 

講座は明日からなんですが、

前入りで今日から移動です。

今日は一日東京・横浜で過ごしました〜〜

 

東京は右も左も分からないので、一日一緒にいてくれて、午後からのワークショップに飛び入り参加までさせてくれた、お友達に感謝です。

 

 

東京から、新潟へ向かう新幹線の中です。

 

 

書ききれない経験・感覚を少しずつ言葉にしていきます!!(*´∇`*)